脱毛器を使う時に注意すること

subpage01

脱毛器を使う時に注意することがあります。
脱毛器を使う前に毛の処理をする必要があります。
しかし、その時に深ぞりや逆ぞりをするのは肌にダメージを与えてしまう事になるので気をつけなければいけません。
傷口に照射すると痛みを伴い、炎症など肌にトラブルを起こしてしまいます。そこで照射する前にきちんとした方法でムダ毛の処理をしておきます。毛の流れにそって剃る程度におさめておきます。

そして照射をする前に化粧水やクリームを塗る人もいますが、塗ってしまうと光や熱が毛根に届くのを邪魔してしまう可能性かがあります。

そこで化粧水やクリームなどのケア用品は脱毛器を使用した後に塗ることです。

家庭用の脱毛器はカミソリと比べて肌にダメージを起こす心配が少ないですが、刺激を受けてしまいます。
そこでいつも以上に保湿をして肌のケアをすることが大事です。


また日焼けした場所に使ってしまうといけません。

日焼けをしてしまって、赤くなってしまったところに脱毛器を使ってしまうと炎症なども肌のトラブルを招いてしまいます。
1ヵ月以内に日焼けしたばかりの肌には使わないようにします。


そして黒い肌の状態の場合でもムダ毛だけでなく肌に熱が吸収されてしまって、毛根まで十分な熱が届かないので十分な脱毛効果が得られない場合もあります。肌が安心して脱毛できる状態なのか確認してから使うようにします。

皮がむけるような日焼けをした時には使わないようにします。