高血圧の原因を徹底網羅!

知らず知らずのうちに高血圧になってしまった!このような事態はその原因を知る事で予防する事ができるのです。

高血圧は原因を知る事で予防・改善することが出来る

飲酒や喫煙と血圧上昇の関係

高血圧の人にとって、喫煙や飲酒は気になるところです。
ここでは、喫煙・飲酒と高血圧の関係について、ご紹介します。

高血圧の人にとって、喫煙は大敵です。
喫煙することによって、体内に入ったニコチンは、副腎から血圧上昇の作用を持つホルモンを分泌させます。
さらに、交感神経を活発にし、血圧が上がりやすい状態になり、動脈硬化を促進させてしまいます。

高血圧患者に、禁煙をすすめる医師も多いです。
喫煙が健康に及ぼす害は、一般に広く知られています。
高血圧の人に限らず、喫煙の習慣があるようでしたら、健康な生活を送るために、喫煙は控えた方が良いでしょう。

一方のアルコールは、動脈硬化の進行を遅らせる効果があるようです。
また、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも役立つようです。
飲酒は、適度な量ならば、ストレス解消に役立つ場合もあり、止められることは少ないようです。

アルコールには、末梢血管を拡張させ、血圧を下げる効果があります。
高血圧の人が毎日飲酒を続けると、コルチゾールやカテコールアミンといった血圧を上昇させるホルモンが分泌されるので、気をつけましょう。

アルコールの1日の摂取量は、300ml以下が適量とされ、日本酒なら約1合、ビールなら大瓶1本相当になります。
高血圧の人は、この適量を守って、お酒を楽しみましょう。