適度な運動は高血圧防止

適度な運動は高血圧防止になります。
これにはいくつかの理由があります。
まず、身体を動かすことはストレス解消になります。
ストレスが交感神経を刺激し血圧を上げるのは、ちょうど白衣高血圧のメカニズムと同じです。
反対に運動により副交感神経が働きリラックスできると血圧が正常になるというわけです。
次に運動には脂肪を燃やし肥満を解消する効果があります。
肥満により血管内に脂肪が付着してくると血の流れが悪くなり血圧が上がります。
ちょうどホースの内側にゴミが溜まってきているような状態です。
また、脂肪体質は血管を硬くして血管を狭め、その結果としても血圧を上昇させてしまいます。
肥満を解消することで、こうした状態を避け、血圧を正常に保てるわけです。
また、運動をすると血管内に一酸化窒素が放出されます。
これは血管を緩める効果があり、血圧の上昇を防止する効果があります。
高血圧防止に特に効果が高い運動は、運動負荷が軽くわりと長時間続けることができる有酸素運動です。
具体的にはウォーキングやゆったりとしたペースでの水泳や自転車こぎなどです。
重量挙げなどの激しい無酸素運動は一時的に血圧を上昇させてしまうことがあるため、急激に力を込めるタイプの運動は高血圧対策としては向いていないのです。