高血圧の原因を徹底網羅!

知らず知らずのうちに高血圧になってしまった!このような事態はその原因を知る事で予防する事ができるのです。

高血圧は原因を知る事で予防・改善することが出来る

塩分の摂りすぎで起こる病気

塩分は体に必要であるものであると同時に摂り過ぎると体に様々な変調をきたします。
病気の状態にならないまでも多量の塩分をとると喉が渇いたり、血圧が上がったり、体が浮腫んだりといった変化が体に現れます。
これは過剰に摂取した塩分をなんとか薄めて体にダメージを与えないようにするための生体の防御反応なのです。
このような体の防御反応で防ぎきれないほど多くの塩分を継続的の摂り続けると病気になります。
塩分の摂りすぎで起こる病気にはまず高血圧症があります。
塩分の過剰摂取が続くとナトリウムを体外に排出しようと大量に血液が生成され結果的に高血圧となります。
高血圧によって腎臓におけるナトリウムの濾過を促進しようとする生体の働きなのですが高血圧になると脳溢血等のリスクが高まります。
またナトリウムは腎臓で濾し取られるために多量の塩分摂取は腎臓にも負担がかかります。
長期間にわたって腎臓に負担をかけると腎臓の濾過機能が衰え結果的に腎臓疾患を誘発する可能性があります。
またナトリウムは、体細胞に電気刺激を与えるという働きもします。
人間の筋肉は電気刺激によってコントロールされているので不要な電気刺激をナトリウムによって誘発することは好ましくありません。
ナトリウムによる電気刺激は心臓の筋肉にも影響をおよぼすので多量の塩分摂取は不整脈の原因ともなります。