高血圧は90%が原因不明

実は、高血圧の90%が原因不明といわれています。
しかし、生活習慣と遺伝的な体質が関係していることは、解明されています。

高血圧は原因により「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されます。
一次性は、「本態性高血圧」とも呼ばれ、特にあきらかな異常がないのに血圧が高くなります。
ただし、血圧を上げる要因は、明らかにされています。
その要因とは、食塩の取りすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、そして遺伝子的要因などが挙げられています。

一方、二次性は、腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があるものをいいます。
こちらに関しては、原因となる病気が治ると、高い血圧も改善します。

血液検査、さまざまな画像検査などによって原因を特定できる二次性が否定されると、一次性高血圧(本態性高血圧)という診断が下されます。
患者さんの約90%が本態性です。
原因不明の高血圧を、本態性または一次性と呼んでいます。

「ノルバスク」は、この高い血圧の治療にも使用される薬で、血管を収縮させるカルシウムが、血管の平滑筋細胞に流入するのを防いで、冠血管や末梢血管を広げ、血圧を下げる効果があります。
この作用により心臓の負担も減るために、狭心症も改善されます。
作用はおだやかで、持続性があるという特徴があります。

この薬の副作用としては、ほてり、頭痛、めまい、ふらつき、全身の倦怠感、脱力感、過敏症、むくみ、眠気、吐き気、みぞおちの痛み、便秘、下痢などが特徴的なものとして挙げられます。
重大な副作用として、肝機能障害が起こる可能性がありますので、注意が必要です。

以上がノルバスクの効果(効用)と副作用です。
実績のある専門医のいる病院で、治療をすすめることが重要といえます。

備考▼
アムロジン 半減期